歯の再石灰化促進法

歯には再石灰化とよばれる虫歯を防御する機能が備わっています。
最初の虫歯は自己管理で良くなるようにしましょう!

虫歯はその状態のままの状況では進行しますが、最初の虫歯ならば、歯の「再石灰化」により、良くする見込みが残されています。

食事の後そこそこ時間がたつと、歯にプラーク=歯垢(白いねばねばした物質)が付着します。

この中にいる虫歯菌が、口内に留まった炭水化物を分けて酸を生じさせます。
その酸によって、歯の表面のエナメル質からカルシウムやリンが溶け出し、虫歯へと繋がるのです。

この過程を「脱灰(だっかい)」といいます。

そんな中、歯は初めから脱灰を修復し、虫歯を防御する機能を備えています。
唾液(だえき)はその中心的な役目を実行しています。

食事の後しばらくの間すると汚れが唾液によって洗い流出されて口中が中性に戻り、再度歯の表面に唾液中のカルシウムやリンなどが沈着します。

これが歯の「再石灰化」です。

だけども、最初の虫歯だけしか再石灰化で修復不可能です。
言わば、未だエナメル質に穴があいていなければ、歯の一部が白く色が変化したり、食事の時に少々しみたり痛んだりしても、再石灰化によって良くする見込みが見られます。

この段階を過ぎると、エナメル質の奥に虫歯が進行し、治療が求められます。

虫歯の予防では、

①最良な歯磨きでプラークをつくらない
②再石灰化に必要な時間を確保する
③唾液の分泌をよくする

この3点が非常に必要です。

以下のような注意を守りながら、適当な時期に歯医者でチェックを受けましょう。

食事の後出来る限り速やかに1日3回、1回3分間、やわらかめの歯ブラシで歯を磨くことを肝に銘じてください。

とりわけ奥歯は食べカスが残留しやすいので、しっかりと、丁寧に磨きましょう。

どうやっても歯を磨けない場合はうがいをし、それ以上に緑茶を飲むのも良いと思います。

緑茶にふくまれるカテキンは殺菌働きを持ち、虫歯菌の増殖を防ぐ働きが見られます。

再石灰化を促す効き目が見られるシュガーレスガムを噛むのも一法です。

また噛みしめや歯ぎしりのある方は、ガムよりシュガーレスの飴で代用することをおすすめします。
歯に付着している食べカスがとれたり、唾液の分泌が増加するなど再石灰化にすごく効果があります。

だらだら食いはやめ、間食を少なくすることも必要です。
約3時間が再石灰化には必要です。

その時間が飲食の回数が多いことで確保でき無くなってしまいます。

砂糖をふくむお菓子や清涼飲料は出来る限り控えましょう。
砂糖は虫歯菌の大好物で、その摂取量を少なくすると、虫歯になる可能性も下がると考えられています。子どものおやつにはとりわけ気を付けてください。

それに、就寝中は唾液の分泌が減少するので、再石灰化がほとんど進みません。就寝前の飲食もやめましょう。

とりわけ乳幼児の場合、母乳や食べ物をあたえる習慣が就寝前に関してしまうと、虫歯ができやすくなってしまいます。

唾液の量が減る高齢期は、とりわけ歯の根元の部分の虫歯に簡単になるためいろいろと注意を。

職業に関わらず全ての労働者にも該当することですが歯科医院に勤務する歯科衛生士のような患者のいる医療関係の現場に身を置く人は、非常に勤務中の服装や髪形に万全の注意を払わなければならないでしょう。
重要な噛み合わせの障害は、口を開けると痛む顎関節症のきっかけのひとつではあるとされていますが、他にも遠因があるのではと認識されるようになったようです。
歯の表面であるエナメル質にこびりついた歯垢と歯石等を取り除く処置を、一般的にクリーニングと呼びますが、前述した歯石や歯垢などは、不快なむし歯の理由といわれています。
審美においても仮歯は主要な働きをします。目と目の間をつなげる直線と前歯の先端が平行に走っていないと、顔そのものが不均衡な雰囲気に見えます。
口内炎のレベルや起こった所によっては、生理的に舌が少し力を入れるだけで、強い激痛が走るため、ツバを飲み下す事さえ難しくなります。

歯を長々と存続させるためには、PMTCがとても重要なことであり、この事が歯の治療後の状況を末永く維持できるかどうかに、強い影響を及ぼすのも真実です。
美しい歯にすることを主な目的としているので、歯と歯の咬みあわせの状況などを適当にしたトラブルが、極めて多く知らされているのが事実です。
自分でさえ自覚していない間に、歯に割れ目が出来ているケースもあるため、ホワイトニングする折は、隅々まで診察してもらうことが大切です。
インフォームド・コンセントの推奨は、病気の状況を間違いなく把握することで、それを良くする治療の手段に、率先して挑戦するようにしましょうという思想によるものです。
ムシ歯を引き起こすのは、ミュータンス菌と呼ばれている原因となる菌による感染なのです。口腔内にムシ歯菌が現れてしまったら、それそのものを除去する事は大層難度が高いのです。

甘い菓子等を大量に食べたり、日々の歯みがきを続けないと、歯周病のきっかけとなる菌がはびこり、プラークが増えてしまい、結局歯肉炎を出現させてしまうと言われています。
仮歯を付けると、見た感じがナチュラルで、会話や食事にも悩まなくて済みます。更に仮歯そのものによって、処置を受けている歯が壊れてしまったり、歯列が乱れたりすることはないのです。
口の開け閉めによる筋肉の緊張を取り、異常を起こしてしまった顎関節内を正常に戻すリハビリを実践したり、顎関節の動きを更に快適にする動作を実践します。
本当なら歯科医の数が多いと、きっちりと患者を診てくれそうですが、意外とそういう所にはまるで流れ作業のように、患者の治療を実施する所も実在するそうです。
見た目麗しく歯並びを望んでいるなら、賢明に美容歯科医院を利用しましょう。腕の確かな美容歯科では、全体的な観点からの診察を約束してくれるでしょう。