虫歯菌と歯周病菌の関係

虫歯も歯周病も、めいめいの原因は「虫歯菌」と「歯周病菌」です。

ひと言で虫歯菌といっても、その代表はミュータンス菌でその他数種類の細菌がかかわっていると言われています。

歯周病菌も一緒です。 口内の菌「口腔常在菌」は300種以上いるといいますが、その中の数種類以上の菌がかかわっているのです。

1889年(明治22年)、ウイロビー・D・ミラーが「ミラーの化学細菌説」を発表し、その中で虫歯の要因に関しての考察を述べています。

それまでは、「虫歯」という名前の通り、虫が歯をかじると考えられていました。
したがって、細菌こそ特定されてませんが、ミラー説は画期的だったといえるでしょう。

1955年(昭和30年)以降、無菌状況で動物の飼育が可能になったため、虫歯の要因とみられる細菌が特定されました。


普通のラットに砂糖を入れたエサを与えると虫歯ができるのですが、砂糖入りのエサでも無菌飼育のラットは虫歯にかからなかったのです。

この結果、数種類の虫歯菌が発見され、ミュータンス菌が最大限の原因菌として注目され始めました。

長い間、なぜ虫歯の病原菌だけが特定できなかったのでしょうか。


その原因は、虫歯をつくる細菌は「常在菌」(誰の口の中にも住みついている)だったからです。

結核菌のように、特定のパイキン(ふだん人の体にいない)が入り込んで病気に掛かる「感染症」とは分けて考えなくては駄目です。静岡市の歯医者さんである、みまつ渡辺歯科医院は、駐車場も備えております。口コミを耳にして遠方からやってくる患者さんもいらっしゃるようです。

常在菌はふつう、全然「悪さ」を働きません。
むしろ、外から有害なパイキンが入ってくるのを防御する役目を実行しています。

だけどもあるとき突然に常在菌の一部の菌が活発化して体に有害な働きを起こすことが見られます。

これを「日和見感染」といいます。

◆常在菌とは

人の体に日常的に棲息している細菌を、常在菌と言います。
常在菌は、皮膚、口腔、気道、腸内にいます。言わば、その役割は外界との接点にいて人を守っているともいえます。

初めからパイキンは進化の過程で、人が出現する昔のはるか昔から地球上で生息していた生物です。

パイキン同士も勢力争いをして、暮らしやすい箇所を探して動いています。

その部分に植物や動物や人が現れ、人の皮膚やお腹の中に棲息して、共存共栄の関係を結んだパイキンが人の常在菌になったのです。

そこが口の中であったりもするのです。

一定の温度環境にある人の体は、エサも安定供給されるため、定住するには好要件です。

人が毎日食べるものの中で、人が消化吸収出来ない成分が常在菌のおもな栄養になっていることがいっぱいあるのです。

気になる口臭を抑える効能のあるドリンクに、コーヒーが知られていますが、好きだからと言ってたくさん飲み過ぎると口腔内がカラカラになってしまい、むしろ口臭の要因になる可能性があります。
歯列矯正を行えば見た目に対する劣勢感から、頭を抱えている人も笑顔と自信を再び手元にすることがかなうので、肉体と精神の両面で豊かな気持ちを獲得できます。
口の中が乾くドライマウスは、ストレスがきっかけで症状が出てしまう人も少なくないので、更にこれから先の将来には、多忙な男性にも症状が出る危険性は大いにあるのです。
虫歯の元凶は、ミュータンス菌として知られる大元の菌による仕業です。一旦口腔内にムシ歯菌が移ってしまったら、それを100%取り去る事は思ったよりも至難の業なのです。
歯の表面を少しだけ削って白く見せるための研磨剤入りの歯磨き剤は、強いて言えばマイナスイメージの役割ですが、再び歯が石灰化するのを促進するのは貴重な作用です。

甘い食べ物を食べすぎてしまったり、歯ブラシでの歯磨きをいい加減にすると、歯周病の元凶である菌が繁殖してしまい、プラークが繁殖し、ついには歯肉炎が生じてしまうという事が確認されています。
歯周病や虫歯などが進行してから歯科医院に駆けこむ人が、大半を占めるようですが、病気予防のためにいつもお世話になっているデンタルクリニックに出向くのが実際のところ望ましい事でしょう。
始めは、歯みがき粉を使用しないで丁寧に歯をブラッシングする方法を熟知してから、仕上げとして少しだけハミガキ剤を付けるときれいに歯みがきができるようになるでしょう。
ここへ来てホワイトニングを経験する人が増えていますが、施術時に採用された薬剤が原因で、歯が凍みるように感じる知覚過敏という症状を誘発する可能性が考察されるのです。
患者が重んじる開かれた情報と、患者自身の方法を重く受け止めれば、それに応じるだけの責務がたとえ医者であっても断固として追及されるのです。

口内炎の発生する遠因は、ビタミン欠乏がそれの一部なのは確かですが、それに必要なビタミンは簡単に飲みやすいサプリメントや、ドラッグストアでも手に入る医薬品の服用薬としても広く販売されています。
規則正しい日頃の暮しを肝に銘じ、唾液に拠った修復作業をさらに促進するという要所をよく考え、虫歯の予防について熟慮することが適切なのです。
虫歯の目を摘むためには、単に歯みがきに偏重していては難航し、ポイントは虫歯の真因である菌の消去と、虫歯の病態が進むのを押さえるの2つの要点と言えます。
歯の表面にプラークがくっつき、その箇所に唾液の成分中にあるカルシウムを始めとするミネラル分が貼りついて歯石が出来上がりますが、それらの責任は歯垢にあります。
審美歯科の治療というのは、表面的な美しさだけではなしに、噛み合わせや歯並びの修正をし、その成果として歯牙が持つ生来の機能美を復するということを探っていく治療の方法なのです。